注目キーワード

【会社がタバコ臭い】職場自体は禁煙でも喫煙者に染み付いた臭いが|私の対策はコレ!

お疲れさまです!派遣7割・正社員3割のバランスで働いてきた元OLの美紀@Hakenjob1)です。

 
美紀
英語&スペイン語の通訳・翻訳からダンサー・ダンス講師まで、たくさん経験しました!

もちろん一般事務も。

オフィスの禁煙化が進んだ現代ですが、まだまだタバコを吸う方はいらっしゃいますよね。

 

 そして「タバコの臭いが苦手」という人も同じぐらいいると思います。

 
美紀
私も喫煙者の方が喫煙所でたばこを吸って職場に戻ってきた時の臭いすらも苦手ですし、体調が悪くなってきてツラいです。

とはいえ

嗜好品であるタバコを決められた場所で吸っている

という、何もルール違反していない人に対して何かを言う権利はないです。

 

 
美紀
何か言おうものなら、不本意ながらこちらがモンスター社員として扱われてしまいます。

そんな私がこれまで取ってきた対策や、タバコ嫌いの同僚が行っていた対策を紹介します。

 

  • タバコのニオイが苦手
  • 禁煙オフィスだから普段は臭わないけど、喫煙して戻ってきた人のニオイがもうダメ
  • 面と向かって文句を言って波風を立てたくはない

スポンサーリンク

タバコ臭い会社で私がとった対策4選!

同僚や友達の中には

  • 咳払いをわざとゴホゴホする
  • あからさまに喫煙者に向かって団扇うちわや扇子で扇ぐ

というツワモノもいました。

 

でも私はやらなかったです。

普通に角が立つ方法ですし、逆に私がモンスター社員認定されても嫌だと思ったからです。

でも自分のキャラや職場内での立ち位置によっては、咳払いをしたり団扇うちわであおいでみるのは良いかもしれません。

 

私は下記4つの方法で自衛していました。

1.竹炭など

タバコの臭い対策で使っていた竹炭

煙草の臭いに対してまず私がとった対策は、デスクに竹炭を置くというものでした。

(上の画像の、ペン立てから出ている黒いのが竹炭です)

 

 
美紀
同僚の中には、デカデカと「タバコ用消臭剤」と書いてある市販の脱臭剤を堂々とデスクに置いている人もいました。

 

でも「タバコ用消臭剤」と書かれた物体を置くと普通に

喫煙者
ケンカ売ってんの?

と思われかねません。

 

そこは職場の状況を見ながら、自分の会社での立ち位置も加味して調整してみてくださいね。

2.マスク

マスク

竹炭を置くのと同時にとった対策がマスクです。

ありがちな対策ですが、マスク1枚あるだけでタバコの臭いが少し楽になりました。

3.席替えの申し入れ

 
美紀
私は上記2つのタバコ対策をとってもまだツラかった時、上司に席替え相談をしたこともありました。

これはかなり言い出しにくかったので、人生で2回(2社)しか経験がありませんが…

2回とも対応してもらえましたよ。

 

ただしこの対処法は上司の性格によっては全く対応してもらえません。

  • きちんと対応してくれそうな上司なのか
  • なぁなぁにして対応してくれなそうな上司なのか

の見極めが必要ですね。

 

ちなみに対応してくれた上司2人のうち1人は何と喫煙者でした!

 

その上司は、普段の言動から物ごとを平等に考えるタイプの人だという確信があったので、思い切って相談してみたら聞き入れてもらえたのです。

また席替えのしかたやタイミングについては「不自然に思われないように」と気遣ってもらえました。

1社目は、私1人だけが席替えするのではなく他にも席替えする人が出るように工夫してくれましたし…

2社目は、席替えのタイミングがちょうど組織改編の時期に重なるように配慮してもらえました。

4.転職

履歴書

実際には上司になかなか言い出しにくい問題でしたので、結局自分が転職することの方が多かったです。

 

もちろん退職を決めたら、会社に迷惑が掛からないように退職時期をきちんと擦りあわせた上で辞めたいですね。

また、派遣であれば契約の区切りまではきちんと働いてから次の仕事を紹介してもらいましょう。

 

それと、これは転職時に私が実際に何度も経験したことなのですが、

面接や顔合わせの時は職場がタバコ臭くなくても、実際に働き始めるてからタバコ臭いということに気付く

ということは良くあります。

 

これは、たまたま会社訪問をした時に喫煙者が外出していたというケースが大半ですね。

 
美紀
「会社がタバコ臭いか臭くないか」は会社に入ってみないと分からないことですし、運もあるかなぁと思います。

会社がタバコ臭い原因は?

ビル全体が完全禁煙だという会社は、まだまだ少ないと思います。

私は名古屋在住なのですが、ビル丸ごと完全禁煙になっているオフィスビルはほんの数棟だけだという実感です。

 

ほとんどのビルが各テナントのオフィス内は禁煙であってもビル内のどこかに喫煙所があるパターンだと思います。

 

たまにあるのが

  • 1階に喫煙所がある
  • 何基かあるエレベーターのうち1基が常に1階でドアを開けて待機している

という状態。

 

このような状態だとタバコの臭いがエレベーターに乗ってビル中を回るんですよね。

職場自体は禁煙なのに臭い人が・・・

職場自体が禁煙であっても、近くの席にたばこを吸う方がいる場合は臭いが気になりました。

 

臭いが特に気になる時間帯は

  • 朝の出勤時
  • 昼休憩の後
  • タバコ休憩の後(ランダム)

ですよね。

 

煙草を吸い終わったばかりの人が職場に戻ってくると、喫煙者の呼気からたばこ吸いたてのホヤホヤの臭いがします。

 

気持ち的には

煙草を吸い終わってすぐ職場に戻るのではなく、数分待ってからデスクに戻ってきてくれませんか?」

とお願いしたくなってしまいますが…

タバコは嗜好品なのでそんなお願いはできませんでした。

それで、ありがちではありますが、当記事で紹介してきた方法で自衛してきました。

禁煙オフィスがタバコ臭い|まとめ

今日は、会社タバコ臭い場合に私がとってきた対策を紹介しました。

 

私がOL時代に取ってきた対策は

  • 竹炭
  • マスク
  • 席替えの申し入れ
  • 転職

でした。

 

参考になれば幸いです。

 
\この記事のURLとタイトルをコピーする/

Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/necomurakuro/haken-jobchange.com/public_html/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:662 Stack trace: #0 /home/necomurakuro/haken-jobchange.com/public_html/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/necomurakuro/haken-jobchange.com/public_html/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/necomurak...') #2 /home/necomurakuro/haken-jobchange.com/public_html/index.php(17): require('/home/necomurak...') #3 {main} thrown in /home/necomurakuro/haken-jobchange.com/public_html/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 662